2007年08月31日

南北浦海岸

nanpoku.jpgJR日豊線延岡駅から宮野浦行きバス30分〜50分・延岡市・北浦町

県南の日南海岸と対照的な南北浦海岸は、リアス式海岸と変化に富む波浪浸食岩の島々が連なっている。

澄みきった海中には豊富に生息する魚類やサンゴ類が色とりどりの景競を示しており、グラスボートも就航している。

ピロー自生北限他の高島や島浦島の海食洞門などの眺めは、圧巻である。

posted by daydreamer | 日豊海岸国定公園

鏡山

kagamiyama.jpgJR日豊線延岡駅から車で45分、北川町

日豊海岸国定公園の一角、標高645mの頂上からは日豊海岸国定公園・南北浦のリアス式海岸が眼下に広がり、はるか四国連峰を望む眺望はすばらしい。

また、頂上のサニーハウスでの北川牛の味は格別であり、更に、海沿いのポイントとしては全国屈持といわれる鏡山から上昇気流に乗って、ハンググライダー・パラグライダーが飛翔する様は別世界を感じさせる。

posted by daydreamer | 日豊海岸国定公園

可愛岳

kawai.jpg登山口まで延岡駅からバスで20分俵野バス停下車徒歩で5分・北川町


日本書紀に「久しくましまして天津彦々火瓊々杵尊(アマツヒコヒコホノニニギノミコト)崩(かむあが)りましぬ。因って筑紫の日向の可愛(え)の山稜(みささぎ)に葬(おさ)めまつる」とある。

可愛岳(瓊々杵尊御陵伝説地・山伏修験道場跡・西南戦争可愛岳突囲戦跡)は舌代神話の時代から近世の様々な歴史の舞台に登場している。

標高728m、2時間で頂上に登れる、古代ロマンを求めるハイキングコースである。
posted by daydreamer | 日豊海岸国定公園

城山公国

JR日豊線延岡駅から市内2号線バス7分、市役所前下車さらに徒歩5分・延岡市

慶長8年(1603年)時の城主高橋元種が集いた城で、400有余年の歴史を秘めている。

築城技術の粋を集めて造られた石垣「千人殺し」は今もその要塞を誇るかのようなたたずまいをみせている。

城址は公園となり春には桜の名所として賑わい、11月から3月にかけて、全国的に見ても非常に価値の高い野性のヤブツバキ群が、多彩に変異して自生している。
posted by daydreamer | 日豊海岸国定公園

若山牧水生家

牧水記念銀・牧水公園(ロックタウン日向から南郷行きバス40分、牧水記念館前下車・東郷町)

宮崎が生んだ歌人若山牧水の生家は、耳川の支流、坪谷川のほとりに牧水の生まれた頃とほとんど同じ姿で残されている。

生家の裏山にある巨石には、歌集「みなかみ」の巻頭にある「ふるさとの尾鈴の山のかなしさよ・・・」の歌が刻んである。

牧水生家の隣にある記念館は、牧水の長男若山旅人氏の設計によるもので、近世民家風の鉄筋コンクリート2階建の中には、若き日の牧水をしのぶ遺品の数々が展示されている。

また、生家・記念館に隣接する牧水公園には、テニスコート、パターゴルフ場、キャンプ場、ちびっこ広場、ツツジ園などがあり、大人も子供も楽しめる。公園内の「牧水庵」で販売している地ソバは、昔なつかしい味わいがある。
posted by daydreamer | 日豊海岸国定公園
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。