2007年08月31日

天翔大橋

tensyo.jpgJR高千捷駅から車15分、日之影町

平成12年に完成した五ヶ瀬川に架かるコンクリートアーチ橋。水面からの高さは143mで日本一、長さ463m。

中央部に風力発電システムが設置され、橋の夜間照明を賄っている。
posted by daydreamer | 祖母傾国定公園

見立渓谷

mitate.jpgTR日之影温泉駅から上川行きバス49分、上川下車さらに徒歩10分・日之影町

祖母・傾国定公園に源を発する日之影川は24kmにも及び、浸食による奇岩が多く、春には新緑、秋には紅葉に映え、美しい渓谷美を見せてくれる。

渓谷に沿ってキャンプ場、保養センターなどのレジャー、休養施設などがあるほか、上流にはヤマメ、下流にはアユなどの清流魚が豊富で、上流の英国館周辺にはヤマメを保護するキャッチアンドリリース区間も設定されている。

posted by daydreamer | 祖母傾国定公園

高千穂峡

takatiho.jpgJR高千穂駅から徒歩20分・高千穂町

阿蘇溶岩が浸食されてできた渓谷で、高いところで100m、平均80mの高さの断崖が東西に7kmも続いている。

渓谷には、真名井の滝、玉垂の滝、あららぎの滝などがあって渓谷の美しさをいちだんと盛りあげている。

新緑と紅葉のころは特に美しく、また渓谷の清水を使った夏の「そうめん流し」は、この地方の風物詩である。昭和9年に国の名勝天然記念物に持定される。
posted by daydreamer | 祖母傾国定公園

国見ケ丘

kunimi.jpg宮交高千穂営業所から谷下行きバス15分、国見ケ丘下車・高千穂町

標高513mの丘で、この丘に立つと、三方をとりかこむ山々の間に深くしずみこんだ高千穂一帯が一望のもとに見渡され、はるか遠くには阿蘇や祖母の山々を望むことができる。

また秋の早朝に見られる足もとからわき立つような雲海の眺めは壮大である。

posted by daydreamer | 祖母傾国定公園

天岩戸神社

amaniiwato.jpg宮交高千穂営業所から岩戸行きバス20分、岩戸下車・高千穂町

神話の中でもよく知られた天照大御神(アマテラスオオミカミ)の天岩戸開き、あの天岩戸伝説を伝える神社。
 
天岩戸神社には天照大御神(アマテラスオオミカミ)が身を隠した天岩戸(洞窟)を祭る東本宮とオオヒルメノミコトを祀る西本宮があり、主に天岩戸神社と呼ばれているのは西本宮。
posted by daydreamer | 祖母傾国定公園
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。